2012年10月27日

俵積み


つづき、、、


電話の主は

遠野市土淵町の

杉舘キミさん。

言わずと知れた

俵積み舞の

俵を作ってくれた方だ。


話しは約7、8年前に遡る───。


俵積み舞が踊りとして

ほぼ完成に近づいた頃、

今は残骸だけになっている

御社地のふれあいセンターのロビーにて

大っきい俵のオブジェを発見!!

これどこで作ったの!?

なんぼぐらいしたの!?

って町に問い合わせて、

教えてもらったのが

杉舘さんの連絡先。

大っきさを指定して、

3コ1セットでソッコー発注。

それから数年のち

追加でもう1セット製作。

で、昨年の津波ですべてを流失。

それから暫くは

俵積みを封印するつもりだったけど、

どうしてもって時は

座布団かついで踊ってた(笑)

震災から100ヶ日経ってから

新しい俵を発注。


いざ出来上がったら代金はいらないと、、、。

何か協力したいからと、、、。

泣けてきました。。。


今年のまつり前に

急遽、ムリを言ってもう1セット製作。

20120920_183150.jpg
杉舘さん夫妻(コバヤシ撮影)



いつかは恩返しせねばと思っている矢先に

今回コバヤシへの電話。願ったりかなったり。

聞けば明日、家のまえで

虎舞を演ってほしいということ。

「今日はダメすか?今北上に来てるので
帰りにぜひ寄らせて下さい」

OKをもらい、いざ遠野へ───。
007.jpg

008.jpg

009.jpg


近所の方々も集まり、

大喝采を浴びたのでした。

杉舘さん、土淵のみなさん、

ありがとうございました〜!


















posted by 会長ぉ@ at 05:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: